清掃作業をする

家事代行サービスの傾向

昔は、何でも屋とか便利屋などという名称で、家事代行サービスを提供していました。また、ジャンルは異なりますが、ハウスクリーニングという清掃専門の業者も誕生しています。彼らはクリーニングのプロで、特定の場所や設備などを専用の洗剤や器具を使用し、普段の掃除では取れないような汚れをとることを特徴としています。また、家政婦さんという職業もあります。仕事の内容は、家事代行業と似ていますが、委託する側との契約関係が異なります。家事代行サービスは、専門の事業所がスタッフを雇用し、基本的に時間単位で顧客先に派遣する、という形態をとります。顧客側の要望に基づき、定期的あるいはスポットで家事代行サービスを提供します。

高齢化に伴い市場の拡大が予想されます

家事代行サービスは、基本的に顧客の家の中で必要とされる掃除や洗濯、料理などを業務として提供することで成り立っています。例えば、掃除や洗濯、料理などは顧客の家にあるものをそのまま使います。これが、プロのクリーニング業者との違いです。料金は、時間単位で計算される業者がほとんどです。契約も個別の家事代行業者と顧客の間で取り交わされます。派遣されるスタッフはあくまで、家事代行会社のスタッフです。また、万が一、作業中に物損事故などを起こしても保険で対応できるのが特徴です。今後、急速に高齢化が進む日本社会では、労働力不足が深刻化し、女性の社会進出がますます必要とされます。このような状況下、家事代行サービスの市場も大きく伸張することが予想されています。